温かくなって、お庭やベランダなどお家の外回りを
活用される機会が多くなってくる季節です。
本格的な梅雨の到来の前に、一度お家の外回りも見直してみてくださいね。
今回は、雨漏りをきっかけに、実は危なかったことが発見されたお話です。

「困ったなおった新聞37号(2020年3月発行)より」

 

妙見桜並木通り
㈱さくらの多田です。

多田さん

住宅アドバイザー 多田

 

こんな風に、
手スリの根元ふくらんでませんか?

手すり根元

ベランダの根元が錆びて腐ってきて、
ふくらんでることがよくあります。

 

僕の現場で、先日行ったT様のお困りごとは
「二階のベランダから、雨漏りしてるから見に来て」という内容でした。

 

さっそく職人さんと一緒に行ってベランダのひび割れをチェックしていると・・・

根元錆
ベランダの鉄の支柱の根元はすべてが
この様に錆びて腐食し、ポッコリ穴が!

 

「この中はたぶん錆びだらけでかなり傷んで穴があいてるから、
早目に何か手を打った方がいいよ。
ほんまはアルミ製の手スリとかに全部、取替えんのが一番ええけどね」
と、職人さんが教えてくれたんです。

 

そこで、応急の処置として、今回は手スリの根元の腐った部分を取除き、
パテ埋めで固めて補強し、塗替えすることになりました。

 

先ず、しっかりていねいに錆を取除いて磨きます。
ここで手を抜いて塗装してしまうと、またすぐに錆びてきます。
この作業はプロの腕!次に錆止めを塗ってパテ埋めします。

 


四面のうち、二面しか残ってませんでした!

 

パテ埋め
穴のあいた箇所をすべてこのように直し、
最後に濃い茶色の塗装仕上げ。

 

塗装
錆止めを塗ってから仕上げの塗装です。

 

もちろんベランダ全体の防水工事もきっちり仕上げ、
きれいになって蘇りました!
おうち内部の傷み具合は常に目につくのでわかりやすいですが、
外部はついつい見落としがち。

 

ベランダの手スリでよくみられる症状は

「錆び」「腐食」「塗装の剥がれ」……

 

いつも風雨にさらされて傷みやすい場所なので、
ぐらつきは定期的にチェックが必要です。

 

そんなことも知らんと、脚が地に着いていない手スリに、
布団やカーペットを干してたなんて!
二階だけにちょっと怖い?

 

これでしばらくは大丈夫ですが、
早目のお取替えをオススメしています。

 



Official SNSさくらの公式SNS

© 2022 大阪府枚方市・交野市のリフォームなら さくらリフォーム . All rights reserved.
ホームページ制作 by