緊急事態宣言下の中、自宅待機や在宅勤務で、
お家で過ごす時間が多くなった方も多いのではないでしょうか。
家族のお家の使い方も変わったという方もおられるかもですね。
今回は、今のお家をちょこっと見直して、
快適なスペースを手に入れたお客様の事例です。

「困ったなおった新聞97号(2020年4月発行)より」

 

妙見桜並木通り
㈱さくらの多田です。

多田さん

住宅アドバイザー 多田

 

「さくらさんとこって、こんなんもできんの?」よく言われます。
今回は、僕もなるほどな!と思った、
デッドスペース活用の現場を2つ、ご紹介します。

 

床の間スペースの有効活用
■交野市在住のSさまの場合■

 

使ってない「床の間」ってありませんか?

 

Sさまのお宅ではすでに物置になりそうな感じでした。
でも畳だし、段差もあるし。
「床の間なくして、フラットな板の間にしたいんやけど」
ということで、大工の坂本さんに相談すると
「簡単にできるよ」とのことで、さっそくお願いしました。

 

床の間ビフォア

 

まず段差をなくして床の間を取ります。
取った部分の壁って、壁全体を張替えないと、
汚い仕上げになりますよね。

 

そこで一緒に考えたんですが、たまたまウチの店にあった材料が、
たまたまちょうどぴったりの高さだったので、
壁はそのままで、削った部分をキレイに隠せました。

床の間アフター
削った部分の壁に、ぴったりと材料が収まりました!
段差がなくなったら、ほんまに使いやすい!

 

段差がなくなり、しかもかなり格安。
工事は一日もかかりませんでした。

 

できない!と思い込んでる事って結構あると思います。
でもそんな時……
大工さんはアイデア満載!
なるほどと頷くことがいっぱいあります。

 

Sさまは早速、マイデスクを置かれて快適な作業場に変身してました!

 

使いにくいクローゼットを改造
■交野市在住のKさまの場合■

 

「このクローゼット、あんまり使ってないし、
真ん中で仕切って、上に仏壇、下は収納にしたい」
とのご相談でした。

 

クローゼットビフォア
確かに奥行が深くて間口が狭くて使いにくそう。

 

坂本さんは先ず、床の段差を削って平らにしてから、
上下を分ける仕切り棚を作りました。

 

坂本さん作業

 

そして、なるほど!

 

長いクローゼットの両開きの扉を再利用して、
下部の収納に使う高さにカット!

 

さらに、残った扉の一部を切り取り、
なんと!仕切り棚の面材に再利用してくれたのです。

扉加工ビフォア

 

そうして完成したのがこれです。

 

クローゼット完成
残った扉の一部を細長く切り取り、
仕切り棚の面材に!

 

ご覧のとおり、色も統一されてとてもキレイです。
もともとここにあったかのような仕上がり。

 

上部は仏壇がきっちりと収まり、
下部は段差がなくフラットになった床のおかげで、
ワゴンタイプの収納ケースがコロコロと引出しやすくなりました。

新しい棚利用

 

「やっぱり頼んで良かったわ」とKさまの奥さま。

 

すぐに笑顔で収納されていました。
大工の坂本さんの腕が鳴りまくり、余裕の一日で終わりました。

 



施工事例 お家困ったなおった新聞 新築一戸建て・注文住宅 新築分譲 3区画販売開始 京阪香里園駅から徒歩圏内 店舗・工場・倉庫など法人向けリフォーム 無料 資料請求 ショールームのご案内 イベント情報 現場中継ブログ 社長ブログ スタッフブログ お客様の声 対応地域 大阪 交野市・枚方市・四條畷市・寝屋川市 奈良 生駒市 京都 京田辺市 会社概要 創業物語 スタッフ紹介 メディア事例 さくら通信 ちょっこりくらぶ 月1回 手作りワークショップ 採用情報 やりがいのある職場で働こう!
株式会社 さくら

〒576-0016
大阪府交野市星田2丁目25-1

0120-390-155

FAX 072-892-1671

無料相談 資料請求
LINE@はじめました Twitter Instagram Pinterest 交野へ移住してリフォーム 最大20万円の補助金
0120-390-155
お問い合わせはこちら
資料請求はこちら
© 2019 大阪府枚方市・交野市のリフォームなら さくらリフォーム . All rights reserved.
ホームページ制作 by