2022年06月20日 社長ブログ家族のできごと

先日、長女と嫁さんがさくらのちょっこりくらぶに参加し、

ひまわりとオクラの苗を2つもらってきました。

苗のプレゼント企画は、

お客様に里親になってもらおうということで、

限定30名様のお客様にお渡しし、

その苗の成長をLINEで共有するといったもの。

苗が少し余っていたので我が家も参加し、

レポートしようということになりました。

 

 

休みの日、昼過ぎに長女が

「父ちゃん、ひまわりの苗植えたいから手伝って」とのことで、

自宅の庭の花壇に行ってみると・・・

 

「?!ありゃ」

花壇の中は雑草だらけじゃないか(-_-;)

苗植えどころか、長女に「雑草、先に抜かなあかんなぁ」

と言いながら、草抜きを始めると、

 

「?!ありゃ」

なんじゃ、この花壇の土の硬さは?!(-_-;)

掘ってみると、砂利やら、石やらがでてくるでてくる(笑)

 

そういえば10年間、自宅に住んでいて、

年末の庭掃除はしていたが、自分で花壇ををいじったことは一度もなかった。

これまでやってくれていた嫁さんに申し訳ない。

 

年に何度かひまわりなどの花が咲き、

トマトや紫蘇など、食卓に出してもらっていた。

でも「あまり育たない・・・」ということも家族の会話で聞いていた。

 

「花壇に石入れるから、ガチガチになってるわ(笑)」

息子が低学年の時、旅先でひろってきた石を花壇に投げ入れていたことを思い出す。

たしかに、大粒の石やら、じゃりが山ほど埋もれていた。

 

「こりゃ、あかんなぁ。。苗植えても、あかんわ・・・」

 

それから家族全員、「なんとかせな、あかんわ・・・」といった空気の元、

長男、次男、長女、嫁さん全員でホームセンターに行き、

土のいれかえ作業が全員で始まりました(笑)

 

 

息子がホームセンターの人に聞き、ネットで調べると、

石灰、赤土、培養土、腐葉土、リサイクル、殺菌、アルカリ化・・・

調べれば調べるほど、「土」は奥が深い。

人生で一度も「土」について考えたことがなかった。

 

この日は、学んだ通り花壇の砂利を全てふるいで取り除き、

殺菌して、リサイクルしただけなので、まだな苗は、数日植えれませんが、

最終的に一通り終わったのは、夜の21時でした(^_^;)

 

 

3年前、人材育成の理屈で「自然の摂理」との共通点を学びました。

花は、「土壌」と「太陽」と「水」があれば、必ず育ちます。

組織も、「土壌」となる風土、ポジティブな声が集まる環境「太陽」、

活力となる人間のエネルギー「水」があれば、『人は必ず育つ』と教えてもらいました。

 

きっかけは、頂いた小さな苗でしたが、

伸び伸びと育ってくれるよう自然の摂理に逆らわず、家族で見守りたいと思います。

Official SNSさくらの公式SNS

© 2022 大阪府枚方市・交野市のリフォームなら さくらリフォーム . All rights reserved.
ホームページ制作 by