AFTER [施工後]
M様1階リビングアフター

 

もともとのLDKと和室一間をワンフロアにして、広々したLDK空間が実現し、腰窓側に設置されていたI型キッチンを配管等移動し、対面キッチンに仕上げました。ご家族みんなで食事をして、くつろいでいただけるリビングになりました。

奥に見える戸襖の奥は、お父様のお部屋です。
これまで和室続きだったので襖扉で大丈夫でしたが、隣り合う部屋が洋間のリビングになることで仕切りがどうなるかと気にされていました。リビング側の戸襖にはクロスを貼り、上の欄間部分はガラスをはめ込み洋風を演出することで、和室と洋間が隣接しても違和感なく仕切ることができました。

写真の真ん中に見えるクローゼットは、元々和室の押し入れです。

BEFORE [施工前]
M様1階リビングビフォア

M様のお宅は2階建ての建物ですが、道路からお家を見ると1階建てのように見えます。実際の1階は地下になっていて、玄関から家の中に入るとそこは2階、1階へは階段を下りていくことになります。

お家を入ったところ、つまり2階はLDKとその横に和室が連なっていました。
ご飯食べ終わると横の和室でくつろぐか、1階に行ってしまうというライフスタイルで、M様は家族みんなでご飯を食べてゆったりくつろげる広いリビングをご希望されていました。

お客様名称 大阪府交野市M様
全面リフォーム
交野市
戸建て全面改装費用約1,735万円 工期 約3か月
BEFORE [施工前]
M様1階リビングビフォア

壁側に窓が2か所あり、光はたくさん入っていたのですが、お部屋がまたがっているため、なんとなく薄暗い感じになっていました。

AFTER [施工後]
M様2階リビングアフター

壁面に大きな窓が二つ並び、明るく解放感ある空間になり、広々とゆっくりくつろげる空間になりました。
BEFORE [施工前]
M様1階リビングビフォア

以前のキッチンは壁に面したI型キッチンで、家族に背を向けて炊事をするかたちになっていました。

AFTER [施工後]
M様キッチン

対面キッチンにしたことで、調理中でもお子さんの方を見て確認することも出来ますし、会話をしながらの調理作業が可能になりました。

キッチンはパナソニックの「ラクシーナ」をお選びいただきました。
大家族のM様。キッチンの左右に歩けるスペースを確保することで、スムーズな導線が生まれ人の渋滞もなくなり、移動しやすくなりました。

お母さまとお嫁様、もしくはお嫁様と娘様が二人で食事の用意が出来るように、シンクとIH調理器の間のワークトップは広めにしました。カウンターは水はねがでないようにカウンター高さをキッチンより少し高くすることで、掃除もしやすくなりますし、調理後のお皿の置き場としても使えるようになりました。

BEFORE [施工前]
M様1階リビングビフォア2

これまでは、キッチンの横に大きな食器棚を置いて活用されていました。
ご家族が多いので、食器もたくさんありますし、キッチン周りはどうしても「もの」が集まる場所になってしまっていました。

AFTER [施工後]
M様キッチン収納

対面キッチンの後ろ窓側に、カップボードと吊戸棚の収納を設置しました。

対面キッチンでは、キッチンの上に吊戸棚を置くと、解放が感なくなり圧迫感を感じがちなってしまいます。そこでキッチン上部の吊戸棚は空間を確保するため為に設置しませんでした。

そうなると、キッチン近くの収納容量が減ってしまうので、たくさんの食器やキッチン用具を収納できるスペースを確保するために設置したのが、こちらの収納です。

下収納のカウンターに電子レンジや炊飯器などの調理家電を置いて、上の吊戸棚には大きな食器、下の収納部には、お箸や小物食器を収納しています。
中にごみ箱も隠されています。キッチンと同じパナソニック製ですので、色も一緒、質感も一緒になりキッチンスペースの統一感が出ています。

BEFORE [施工前]
M様押し入れ

元々のリビング奥に連なっていた、和室手前側の押し入れスペースです。ゆったりとした広さがありました。

AFTER [施工後]
M様キッチン横収納

押し入れだった場所は、収納スペースになりました。
新しいキッチンとお父様のお部屋である和室との間で、戸襖4枚の右側3枚が連動引き戸になっているところです。

お母様の物を入れる場所でもあり、キッチンの買いだめ消耗品を入れるパントリー部でもあります。通常よりも奥行きを広くとって、大容量の収納スペースが確保されました。

BEFORE [施工前]
M様和室ビフォア

2階リビング奥の二間続きの奥側の和室は、お父様のお部屋の内装です。

AFTER [施工後]
M様和室

こちらの和室は、基本的に配置等は変更しませんでした。畳の表替え、襖、障子の張り替えの表面仕上げを行い、使い慣れたお部屋がそのままきれいで、より快適な空間になりました。
BEFORE [施工前]
M様欄間ビフォア

お父様のお部屋の和室には、立派な欄間がありました。
最初この欄間を拝見して、綺麗やな~って思って残したいと思いました。

AFTER [施工後]
M様欄間アフター

全部解体して新しくするのではなくて、昔からの物でも良いものは残したかったので、欄間をそのままにしました。和室側は欄間、洋間のLDK側からは欄間の前にガラスをはめたので、それぞれのお部屋のインテリアも邪魔しません。
BEFORE [施工前]
松葉様邸洗面所ビフォア

2階のお風呂と洗面の配置が悪く、お風呂に入る前の脱衣所がこれまではありませんでした。奥様の為にも将来大きくなる娘様たちのためにも何とかしたいと考えておられたM様でした。

 

AFTER [施工後]
M様邸洗面所アフター

お風呂、洗面、トイレの配置場所を変えて洗面脱衣室を作りました。これでプライバシーも守られます(^^)

お選びいただいた洗面化粧台はパナソニック製「ウツクシーズ」。
洗面ボールは樹脂製なのですが、水をはじくスゴピカカウンターというもので、有機ガラス系なので、実は衝撃に強く、割れにくいものなんです。掃除が楽という点もおすすめポイントの商品です。収納は3面鏡の裏にたっぷりと有りますので、洗面室がキレイに片付きます。

BEFORE [施工前]
M様邸お風呂ビフォア

以前のお風呂は、壁がタイルでFRP浴槽も大きく、冬場の寒さは免れませんでした。

また、お風呂場の下は本来はご夫婦の寝室だったのですが、お風呂からの水漏れや湿気がおりてしまい、物置状態になってしまっていました。

AFTER [施工後]
M様邸お風呂アフター

お風呂の床の下にもう一枚防水層のあるマンションタイプのユニットバスを選び、お風呂場の温かさを確保すると同時に、水漏れの心配もなくなり、安心して階下の寝室も使っていただけるようになりました。見えないところにもこだわっています。

選んでいただいたお風呂は、TOTO製「サザナ」。
床が畳の柔らかさで、座る立つの動作時の膝への負担の軽減と、掃除のときの膝痛が無くなります。特に凝ったことはせず明るい雰囲気になるようにプランしました。

BEFORE [施工前]
M様邸トイレビフォア

一般的な、昔ながらのトイレでした。

AFTER [施工後]
M様邸トイレアフター

新しいトイレには、TOTO製(陶器のトイレ)を選んで頂きました。

トイレ正面左側に転倒防止、座る立つの動作補助のためにアームレスト(今風手すり)を設置し、以前よりもトイレのスペース、特に幅を大きくし、車いすごとトイレに入れて、車いすを回転できるスペースを確保しました。将来も見据えた、末永く安心して使っていただけるトイレです。

担当者の声

Official SNSさくらの公式SNS

© 2023 大阪府枚方市・交野市のリフォームなら さくらリフォーム . All rights reserved.
ホームページ制作 by
「令和2年度第3次補正 事業再構築補助金により作成」